2302 - 夢見てる

暇だな、暇だけどお金ないな、でも増税するしな、増税する前になにかたのしいものごとにお金をかけたいけどお金ないな、の繰り返しなのだが、そうだ!ボードゲームを買おう!ドンジャラとか!モノポリーとか!人生ゲームとか!したい!と思いアマゾンでいろいろ見ていた。ボードゲームは毎月課金する必要がないし、あとお酒を飲みながらワイワイお友達とやったら絶対たのしい。そうかボードゲームはひとりでやってもおもしろくないんだった。わたしはいま札幌に住んでいて、東京には一緒に飲みに行ったり、お出かけしたりしてくれるお友達が何人かいるが、札幌にはひとりもいない。この度も夢のボードゲームパーティに思いを馳せ、カゴの中にクリックでぶちこんでいたボードゲームたちを全て削除した。

というわけで、時間がたくさんあるのでコロッケを作ってみました。コロッケ、どの工程も作るのがたのしい。あと、お肉やお魚の揚げ物だと、中身に火が通る・通らない問題がすごく億劫なのだが、コロッケだとその心配をせず高温で一気に揚げればいいというのがすごく良い。エー最高じゃん〜コロッケ屋さんになる〜!と思って1個食べてみたら、あんまりというか全然おいしくなくてびっくりした。ソースなしでは食べられないお味。かなしい。ソース最高。ソースがあってよかった。

f:id:mkrdtsb:20190915224545j:plain

コロッケを揚げている最中、お鍋の中に浮いたパン粉を掬う仕組みがなくて、後半は死んだ黒いパン粉がコロッケにくっついてしまいかなしかった。でもハチクロで森田さんが山ほどコロッケを買ってきて、みんなでコロッケパーティをするシーンがすきなことを思い出して良い気分