2009 - 春が再び

やばい遅刻しちゃいそうだ!と思いながら、お昼をたべそびれていたのでバナナを1本たべた。4口くらいでバナナをたべて歯を磨き終えたとき、家を出ようと思っていた時間から5分すぎていた。午前中、別の用事で出かけたときに薄手のステンカラーコートを着たのだが、めちゃめちゃ寒かったので1回家に帰ったらライナーを付けようと思っていた。そのことを、薄いままのステンカラーコートを羽織って家を出てきてすぐ思い出したけれど、もう戻る時間はないし戻れたとしてもライナーを付けるなどという込み入った作業をするのは無理だった。あきらめてコートの中に着てきたパーカーのフードをかぶりポケットに手を入れてやや早歩きで駅まで向かう。近道・近道・近道をしたものの、我が家から駅は遠く、やっと駅に着いて改札を通過してホームに着いたときに、乗ろうと思っていた電車がちょうど発車してしまった。バナナのせいだな。風が吹き込むホームで身を縮こませながら10分弱待ち、その1本後の電車に乗る。車内では冬物のコートやダウンに身を包むひとたちに目がいく。もう3月だからレトロXは着たくなくて、ステンカラーコートを選んだのだが、まだ冬物着てよかったんだよな。寒いもの。でも今朝、窓をあけたら、真っ先に春のにおいがしたから、これはこれでいいことにした。