0324 - ONE CUT OF THE DEAD

映画をみた。映画館でみた。人並みに映画がすきなのだが、私は映画館がすきだ。映画館で映画をみるのがすきだ。

みるかどうか迷っていた映画があって、この前家族のひとの家に遊びに行ったときに母と妹とその映画について話す機会があり、母と妹はそれぞれすでにその映画をみていて、2人ともめちゃめちゃおもしろかったと言っていて勧められた。そのうえ、妹が「友だちが映画に出ていて資金集めのクラウドファンディングで少し寄付したら前売り券をいっぱいくれたから1枚あげる」と言ってチケットをくれた。ラッキー。あしたから連休だし、チケットもらっちゃったし、バイトのあと新宿に向かう電車に乗って映画館に行った。

いつもはネットで予約していくのだが、前売り券をいただいたので映画館の窓口で座席をとった。座席の希望を口頭で伝えるのが難しくて「ご希望はございますか」「通路側がいいです」「後方の通路側だとこのお席はどうですか」「あー(目が悪いので後方だとスクリーンがよく見えないから真ん中より前方で角度が多少ついても構わないから周りに人があまりいなくてエンドロールのあと客電がついても慌てて席を立たなくても良くてしばらく余韻に浸れる席がいいけど)じゃあそこでいいです」のやつをやってしまった。

19時40分。映画が始まるまで2時間くらい時間があった。あしたから連休なのもあり、お酒を飲みたい気分だった。HUBで2杯くらい飲もう。そう思ってHUBの前まで来たのだがHUBのギャルがHUBの前で「日本代表勝ってまあす!一緒に応援できまあす!」と呼び込みをしていて、なんの日本代表かもわからなかったし応援したい日本代表が思いつかなかった。入れなかった。お酒を飲みたい気分のまま歩いて、スタバの前を通ったけれどスタバのすべてがこわいのでやっぱりスタバにも入れなかった。お買い物する元気もなくて、あきらめて地下にあるサンマルクカフェに入った。私はコーヒーを飲みたい気持ちになったことがなくて、カフェとかに行ってコーヒーを飲む習慣も当然なくて、レジ上にあるメニューに目を走らせたところやっぱりゆず茶を飲みたいと思ったのだが、舐められたくないという謎の抵抗心が湧き上がってしまい、ついカフェラテを発注してしまった。カフェラテ、飲めなくはないのだが、ちっともおいしいと思わない。慣れないカフェラテを飲んで、割とガンガン効かせるタイプの冷房にあたっていたら少しだけ具合が悪くなってしまった。

21時。サンマルクカフェを出て映画館へ戻る。具合が悪い気がするので、ゆっくりトイレへ行ったり、ゆっくりフライヤーをチェックしたりして、ゆっくり入場した。案の定、映画館のおねいさんが私に選んでくれた席は周りに人がいっぱいいてスクリーンはなかなか遠かった。でも「そこでいいです」とあきらめた私が悪いのだ。

そして、スクリーンは遠かったけど、そんなことどうでもよくなるくらい、映画がめちゃめちゃ良かった。

映画のあとはとにかく最高な気分になってしまったので、映画館を出て、喫煙所の前できっとこのあとそういうことになるんだろうなという酔っ払った男女を見かけてもなんとも思わなかったし、駅の改札の前できっとこのあとそういうことになるんだろうなという酔っ払った男女を見かけてもなんとも思わなかった。興奮さめやらぬまま、最寄り駅で降りて、そういえばパスタを山ほど買ってしまったのでミートソースの材料とナポリタンの材料を買って帰ることにした。そして自分で作るのはめんどうなタイプのおいしそうなパスタソースがあれば買って帰ろうと思ったのだが、西友のパスタソースは2人前のものが多くてかなしかった。生活の最小単位は2人が基本になるんだろうな。結局パスタソースは買わなかった。皆様のお墨付き。けれどそんなことはどうでもいいのだ。なぜなら、さっきみた映画が最高だったから。

チケットをくれた妹に、感謝のきもちと、映画の良かったところを4000個伝えたいけれど、妹の連絡先を知らなかった。ふわふわした気分のまま、もう3時半。いいんだ、あしたから連休だから。

2225 - 暮らしの中のカタストロフィー

火曜の夜銀魂を見ながら作った豚汁、実はストウブにいっぱいできてしまっていた。まあいいや、1週間くらいかけて食べればいいか。そう思ってある程度冷めたら冷蔵庫にぶち込んでいた。

水曜の夜、映画をみて帰ってきて、豚汁を温めて食べた。減塩のお味噌を使ったせいか味が足りない気がして少しだけ塩をふった。減塩のお味噌を使った意味よ。

そして今夜、木曜の夜。おうちに帰ってきて洗濯物を取り込んでシャワーを浴びてプライムビデオでゲゲゲの女房155回(とうとうここまできてしまった)をみながら、昨日と同じように冷蔵庫から豚汁ストウブを出し温めて食べた。ん?なんか味がおかしい気がする。と思いながら食べた。だって他に食べるものないから。そもそもむこう1週間豚汁で過ごす予定だから。気のせい気のせいと思いながら食べた。しかし豆腐を口に入れて確信した。

酸っぱかった。

とりあえず気にしないことにして器に1杯食べて食器を片付けた。

ひとりぼっちで暮らし始めてから食材や作ったごはんを傷ませたことがないことが唯一の誇りだったし、それにおととい作ったばっかりだし、ちゃんと冷めたら冷蔵庫に入れてたし、納得いかなかった。

納得いかなかったけどググったら当たり前だけど「腐ってるから今すぐ捨てろ」「無理して食べてお腹壊して病院にかかるほうが不経済」ってインターネットの人たちが言っていて確かにってなった。

あきらめて捨てた。

たべものを捨てるのってすごいかなしいしすごいダメージ。でもこのクソ暑い夏場に狂った量の豚汁を作って「1週間くらいかけて食べればいい」という思惑自体甘かったのかもしれない。

教訓:夏は無理な作り置きをしない

0034 - 火曜の夜

5000年ぶりに映画のチケットを買った。銀魂2とペンギンハイウェイ。あしたはお休みなので早起きして(なんならバイトがある日よりも早い時間に起きなければいけない気がする)映画を観に行くことにした。ところで、銀魂1をみたひとと感想を言い合う機会があって、女A「菅田将暉菅田将暉に見えなくて演技力やばい」女B「菜々緒の脚がやばい」わたし「堂本剛の足首やばい」で、各々目を奪われるところが違っていておもしろかった。

家に帰ってきて、ごはんを食べながら劇場版神の舌を持つ男をみ終えて(これはこれでおもしろかったしドラマは酷評をよく目にするけどわたしはそこそこたのしめた、ムカイリ好きなひとにはおすすめ)、そうだ、あした銀魂2を観に行くのに銀魂1をもっかい観てから行こうと思ってプライムビデオで銀魂1を観ていたらやる気がモリモリ湧いてきてしまって豚汁を作り始めた。きょうは家に帰ってくる前にスーパーに寄って豚汁の材料を買ってきていたから。あしたは映画2本観るし帰ってきてから豚汁作る元気は絶対ないし、ウーン、やる気モリモリ湧いてきちゃったし、作っちゃお、と思って、せっせと作り始めた。野菜の下ごしらえをするのはすきだ。無心で皮を剥いたり野菜を刻んだりするのはすごく良い。

さて、ひとりぼっちで暮らし始めてから、食材を傷めたことがないことだけが誇りだった。

ここ数日間、細かく刻んだ油揚げが冷蔵庫にあった。というのも「あしたのお昼はおそばを茹でて油揚げをのせよう」と思いついてとっておいた油揚げなのだが、お昼におそばを茹でたのにおねぎと天かすをまぶして満足してしまいすっかり油揚げをのせるのを忘れてしまって以来、数日待機していたやつが、冷蔵庫にあった。

そうだ、これも豚汁に入れちゃおう。そう思ってストウブにぶち込んだ瞬間、アッてなった。

なんか、水っぽくなっていて、なんか、豆腐みたい、豆腐というか粘土みたい。になっていた。

しかし時すでに遅しで、「この油揚げ死んでたかも」と思ったときにはもう粘土は豚汁に入水していた。

あーもういいや。

どうせこれ食べるのじぶんだし。完全に粘土だったけどいいや。よく火を通させていただいてセーフということにさせていただきます。

と、いうことをツイッターに書こうとしたのだけれど書きたいことがたくさんありすぎてブログに書くことにしたらこんな時間になってしまった。あしたはびっくり6時半に起きなければいけないことが今さら発覚し正直今すぐ寝て万全の体調で銀魂2とペンギンハイウェイに挑みたいのだが豚汁を作りながらみていた銀魂1が終盤のメーベの件まで来ていてあと40分くらいで終わるから最後まで観たい、でもこれを観たら寝るのがたぶん2時半とかになる。悩ましい夜だ。

2250 - インスタグラムがない世界で生きる

1週間の夏休みをとって札幌の実家に帰省してきた。空港についたわたしをピックアップしてそのままお寿司接待をしてくれるということで両親が新千歳空港まで迎えにきてくれた。3人で車に乗って札幌へと向かう道、正面にきれいな夕日が見えて、両親が「きれいだねえ」と言い合う姿をみてああ良いなあと思った

きのう東京へ戻ってきて本当は今日からモリモリバイトをぶち込んでいたのだがうっかり熱が出てしまいお休みをいただいてしまった、この前百瀬、こっちを向いて。と新しい靴を買わなくちゃをみてからというものハチクロ小野寺の弟・小野寺の姉以来のムカイリブーム第3期を迎えてしまい、ホタルノヒカリシーズン2をみるためにシーズン1から延々みていたらシーズン1の3話めくらいで熱が下がってしまいあしたからモリモリ働きたい、いやモリモリは働けない
f:id:mkrdtsb:20180802223458j:plain

f:id:mkrdtsb:20180802223428j:plain

f:id:mkrdtsb:20180802223506j:plain

f:id:mkrdtsb:20180802224926j:plain

 

0028 - 生活

1K6畳ロフト付き。東京に乱立するうさぎ小屋みたいな狭いアパートで暮らしている。去年の夏、わたしが思うペースでバンド活動ができない状態で、ひまで、でも音楽に関係すること以外にやりたいと思えることがあんまり思いつかなくて、でもギターを弾くのはどう考えてもそんなにすきじゃなくて、むしろ1人で弾くのは嫌いで、他にどうにかしてなにかできないかな〜と思って、DTMを始めることにした。が、DTMを始めるには7年選手のMacBookのスペックが明らかに足りなくて、思い切って21.5インチのモリモリにしたiMacを買った。24回払いのローンで。

ばかでかい本棚とベッド、ろくに見もしないテレビとおもちゃみたいなちいさなテーブルでわたしの6畳はパンパンだった。iMacを置くスペースなどなく、仕方なく物置きとしか使いようのないロフトに置いた。狂ったように曲を作った去年の夏。冷夏だったからか、空気があまり回らないロフトでもそこまで暑くなかった。平気で1日5時間も10時間もパソコンに向かって曲を作っていた。ギターを弾けなくても、ピアノを弾けなくても、パソコンがあればきもちいい曲が作れるのがたのしかった。

お金は全然持ってないし貧乏暮らしのジリ貧だけど自分がほしいと思ったものを自分が働いたお金で自分で買えることはうれしい。ぐんぐん世界が広がる気がする。だけ。

今年の5月末くらいに、けんちゃんとミキのことを書いたEPを作ることに決めた。曲は1つもできていなかったけれど、けんちゃんとミキのためのEPを作ろうと思った。最初に「走っていくよ」ができて、すごい曲を作ってしまったと思った。3曲か4曲入りのEPにするつもりだったけど、「走っていくよ」レベルの曲をあと2曲か3曲作る気力なんてないと思うくらい、すごい曲を作ってしまったと思った。諦めて過去の曲を何曲か入れてEPにしてしまおうかとか思いながら「宝物」を作った。作ってしまった。「宝物」ができたとき、またとんでもない曲を作ってしまったと思った。これはいけるかもしれないと思った。そして「そういうわけにもいかなさそうだ」ができた。最後に「夜のとばり」を作った。これはいけるだろうと思った。良い曲ばっかりできたから。

良い曲ができた。

良い曲ができたのに、ロフトでの作業は地獄そのものだった。ロフトじゃなくてもうサウナだった。サウナ。わたしはサウナでDTMをしていた。毎日毎日死ぬほど暑くて、クーラーをガンガンに入れてもロフトまで冷たい空気は届かず、サーキュレーターをつけても焼け石に水、しかも歌を録音するときはサーキュレーターの音をマイクが拾ってしまうからサーキュレーターさえ止めて歌わなければいけなくて、全然思うように歌えなくて、何度も何度も録り直した。大切なパソコンも、オーディオインターフェイスも、マウスさえも、暑さでアチアチになり、これは絶対に良くないと思いながら、だらだら汗をかいて、毎日毎日リフを打ち込み、ドラムを打ち込み、歌を歌い、延々とミックスをし続けていた。ちっとも終わりが見えなかった。毎日毎日、サウナでの作業がつらすぎて、果たしてこの曲たちは本当に良い曲たちなのかわからなくなって、メソメソ泣いたり酒を飲んだりしたりした。20回も30回もミックスをして、何百回もきいて、完成だと思える形に辿りつくまでものすごい時間がかかった。

その間、ずっとけんちゃんとミキのことを考えていた。途中で何度も何度も「これでもういいかな」って目をつぶって気づかないふりしてやめそうになったけど、けんちゃんとミキがいたから、最後までやりきれた、そんな、気が、する。

 

mkrdtsb.bandcamp.com

おととい、とうとうテレビという概念を捨てて、深夜に突発的に模様替えに踏み切り、階下のテレビがあった場所にiMacを設置した。クーラーの風も届くし、暑くないし、サウナじゃないし、最高かよ。なんでもっと早くやらなかったんだろう。その代わり金ローでやっていた時をかける少女はみられなかった。いいもん、プライムビデオでレンタルしてみるから。何かを手放して、そして手に入れる、そんなくりかえしかな。YUIもそういってた。

2214 - きみならやれるさ

ブログを書くという動作そのものが生活の中からすっぽり抜け落ちてしまって月に1回は書きたいと思っていたのにこの有様です、ものづくりをしている知人に「だれも曲をきいてくれないのに曲を作る意味がわからない」みたいな話をしたら「だれもきいてくれなくても続けることに意味があるから大丈夫」と言われて、そうか、そういう考え方はすごくいいな、と思ってこのブログのことを思い出したのだった

結局続かなかったね、啖呵切っていろいろ大言壮語ばかり吐いていただけだったんだねって思われるのがすごく嫌だから惨めでも絶対に続けてやろう

▽ミニアルバム500円で売っています

mkrdtsb.bandcamp.com


MKRDSTB - 1st mini album "モノローグと恋人たち"(trailer)

0058 - 長財布を持てない人生

ブレードランナー2049を観てきた。めちゃめちゃよかった。興奮冷めやらぬまま、この感情の機微を書いておかないと、と文章を書いていたら「きみはこの人生では長財布を持てない人生だ」という声がした。長財布を持てない人生とは。たしかに今まで二つ折りのお財布しか持ったことがない。最近は誕生日が近いので、じぶんでお財布を新調してあげようか考えているのだが、かわいいと思うお財布も二つ折りのものばかりだ。長財布を持てるひとは選ばれたひとに違いない。ランチにいくOLがこぞって後ろ手に持つイメージしかないもの。そしてじぶんはOLではない。長財布を持てる女はピンク色の小物を持てるのだろうし、スカートやワンピースも着られるのだろうし、お化粧をしたり、まぶたやくちびるに色をのせたり、爪をかわいくしたり、まつげを増やしたりすることに抵抗がないに違いない。そして、お花の模様が刺繍された淡い色の、あるいは鮮やかな色の下着をつけるに違いない。一般的に女らしい、女っぽいものを選択することを許される人生を歩むってどんなだろう。我が家には今すぐにでも土に還れそうな色のものしかない。いいよ、別に長財布かわいいと思ってないし。ピンクより青がすきだし。それはそれで。