0028 - 生活

1K6畳ロフト付き。東京に乱立するうさぎ小屋みたいな狭いアパートで暮らしている。去年の夏、わたしが思うペースでバンド活動ができない状態で、ひまで、でも音楽に関係すること以外にやりたいと思えることがあんまり思いつかなくて、でもギターを弾くのはどう考えてもそんなにすきじゃなくて、むしろ1人で弾くのは嫌いで、他にどうにかしてなにかできないかな〜と思って、DTMを始めることにした。が、DTMを始めるには7年選手のMacBookのスペックが明らかに足りなくて、思い切って21.5インチのモリモリにしたiMacを買った。24回払いのローンで。

ばかでかい本棚とベッド、ろくに見もしないテレビとおもちゃみたいなちいさなテーブルでわたしの6畳はパンパンだった。iMacを置くスペースなどなく、仕方なく物置きとしか使いようのないロフトに置いた。狂ったように曲を作った去年の夏。冷夏だったからか、空気があまり回らないロフトでもそこまで暑くなかった。平気で1日5時間も10時間もパソコンに向かって曲を作っていた。ギターを弾けなくても、ピアノを弾けなくても、パソコンがあればきもちいい曲が作れるのがたのしかった。

お金は全然持ってないし貧乏暮らしのジリ貧だけど自分がほしいと思ったものを自分が働いたお金で自分で買えることはうれしい。ぐんぐん世界が広がる気がする。だけ。

今年の5月末くらいに、けんちゃんとミキのことを書いたEPを作ることに決めた。曲は1つもできていなかったけれど、けんちゃんとミキのためのEPを作ろうと思った。最初に「走っていくよ」ができて、すごい曲を作ってしまったと思った。3曲か4曲入りのEPにするつもりだったけど、「走っていくよ」レベルの曲をあと2曲か3曲作る気力なんてないと思うくらい、すごい曲を作ってしまったと思った。諦めて過去の曲を何曲か入れてEPにしてしまおうかとか思いながら「宝物」を作った。作ってしまった。「宝物」ができたとき、またとんでもない曲を作ってしまったと思った。これはいけるかもしれないと思った。そして「そういうわけにもいかなさそうだ」ができた。最後に「夜のとばり」を作った。これはいけるだろうと思った。良い曲ばっかりできたから。

良い曲ができた。

良い曲ができたのに、ロフトでの作業は地獄そのものだった。ロフトじゃなくてもうサウナだった。サウナ。わたしはサウナでDTMをしていた。毎日毎日死ぬほど暑くて、クーラーをガンガンに入れてもロフトまで冷たい空気は届かず、サーキュレーターをつけても焼け石に水、しかも歌を録音するときはサーキュレーターの音をマイクが拾ってしまうからサーキュレーターさえ止めて歌わなければいけなくて、全然思うように歌えなくて、何度も何度も録り直した。大切なパソコンも、オーディオインターフェイスも、マウスさえも、暑さでアチアチになり、これは絶対に良くないと思いながら、だらだら汗をかいて、毎日毎日リフを打ち込み、ドラムを打ち込み、歌を歌い、延々とミックスをし続けていた。ちっとも終わりが見えなかった。毎日毎日、サウナでの作業がつらすぎて、果たしてこの曲たちは本当に良い曲たちなのかわからなくなって、メソメソ泣いたり酒を飲んだりしたりした。20回も30回もミックスをして、何百回もきいて、完成だと思える形に辿りつくまでものすごい時間がかかった。

その間、ずっとけんちゃんとミキのことを考えていた。途中で何度も何度も「これでもういいかな」って目をつぶって気づかないふりしてやめそうになったけど、けんちゃんとミキがいたから、最後までやりきれた、そんな、気が、する。

 

mkrdtsb.bandcamp.com

おととい、とうとうテレビという概念を捨てて、深夜に突発的に模様替えに踏み切り、階下のテレビがあった場所にiMacを設置した。クーラーの風も届くし、暑くないし、サウナじゃないし、最高かよ。なんでもっと早くやらなかったんだろう。その代わり金ローでやっていた時をかける少女はみられなかった。いいもん、プライムビデオでレンタルしてみるから。何かを手放して、そして手に入れる、そんなくりかえしかな。YUIもそういってた。

2214 - きみならやれるさ

ブログを書くという動作そのものが生活の中からすっぽり抜け落ちてしまって月に1回は書きたいと思っていたのにこの有様です、ものづくりをしている知人に「だれも曲をきいてくれないのに曲を作る意味がわからない」みたいな話をしたら「だれもきいてくれなくても続けることに意味があるから大丈夫」と言われて、そうか、そういう考え方はすごくいいな、と思ってこのブログのことを思い出したのだった

結局続かなかったね、啖呵切っていろいろ大言壮語ばかり吐いていただけだったんだねって思われるのがすごく嫌だから惨めでも絶対に続けてやろう

▽ミニアルバム500円で売っています

mkrdtsb.bandcamp.com


MKRDSTB - 1st mini album "モノローグと恋人たち"(trailer)

0058 - 長財布を持てない人生

ブレードランナー2049を観てきた。めちゃめちゃよかった。興奮冷めやらぬまま、この感情の機微を書いておかないと、と文章を書いていたら「きみはこの人生では長財布を持てない人生だ」という声がした。長財布を持てない人生とは。たしかに今まで二つ折りのお財布しか持ったことがない。最近は誕生日が近いので、じぶんでお財布を新調してあげようか考えているのだが、かわいいと思うお財布も二つ折りのものばかりだ。長財布を持てるひとは選ばれたひとに違いない。ランチにいくOLがこぞって後ろ手に持つイメージしかないもの。そしてじぶんはOLではない。長財布を持てる女はピンク色の小物を持てるのだろうし、スカートやワンピースも着られるのだろうし、お化粧をしたり、まぶたやくちびるに色をのせたり、爪をかわいくしたり、まつげを増やしたりすることに抵抗がないに違いない。そして、お花の模様が刺繍された淡い色の、あるいは鮮やかな色の下着をつけるに違いない。一般的に女らしい、女っぽいものを選択することを許される人生を歩むってどんなだろう。我が家には今すぐにでも土に還れそうな色のものしかない。いいよ、別に長財布かわいいと思ってないし。ピンクより青がすきだし。それはそれで。

2348 - ほかのだれか

あしたはやっとお休みだからやまほど酒を飲んでやろうと意気込んで帰ってきた。帰宅してすぐ、コートも脱がないまま作り置きのジャスミン茶鏡月を垂らしたものを飲む。うまい。しかし寒い。あったかいお茶で飲むのも悪くないのだが冷たいお茶に氷をガンガン入れて飲む焼酎のほうがすきなので厄介。冬は愛憎がめちゃくちゃに入り乱れて困る。部屋着に着替えていそいそとおうち用のめがねに掛け替える。冷え冷えのおもちゃみたいなキッチンに立ち、カチカチになった指先で乾燥わかめを水で戻す。わかめが戻るのを待つ間に冷凍しておいたささみをレンジでチンする。戻ってきたわかめとほぐしたささみをレモン酢と和える。ちくわを入れてもおいしそうだけどあいにくうちにはちくわはない。しかしこれは夏のつまみだな、と思いながらたべる。うまい。しかし寒い。どうしてもすきなひとに連絡をしたいけれど、勢いがないと連絡できないので今夜はめちゃめちゃに酔いたかったのだ。けれどこうも寒いと一向に酔えない。ひとりだし。フランスのかわいい映画を観ながら冷え冷えの酒を飲む。うまい。しかし寒い。酢の物をたべる。うまい。しかし寒い。ときどきベビーチーズをかじる。うまい。しかし寒い。寒すぎてそれ以上酒を飲むことはあきらめた。きょうはもう酔えない。マグカップにただのジャスミン茶を入れて温めて飲んだ。今夜は勢いがないのですきなひとに連絡できない。ほかにやりたいことはないか探した結果、最近夜更かしが続いてるからさっさと寝ることにした。これはベッドで横になりながらiPhoneで書いている。まだ12時にもなっていない。隣人は両隣とも友人か恋人かを呼んでたのしく会話している声がきこえる。ラブリーサマーちゃんの水星が良すぎてさみしいきもちが満たされないまま、どんどんどんどんうつくしくなってゆく。

1124 - 東横線の車内にて

ソユーズというかっこいいバンドをやっている。活動ペースはかなりゆっくりで、今週こそは〇〇しよう!今月こそは〇〇しよう!今年こそ〇〇しよう!と言って、1年前の初冬、ちょうどいまくらいの時期に吉祥寺のおしゃれスタジオで2曲レコーディングをしたきり具体的なアウトプットはできていない。しかもその2曲もなし崩しで最近になってやっとサウンドクラウドにアップロードした。みんなそれぞれの生活で忙しいので最近はスタジオにすらなかなか入れないでいる。そもそもレコーディングしてからもう1年も経とうとしているのが恐ろしい。 今月は1回もバンド練習できてないなあ、生活を犠牲にする必要はないけれどもうきみたちの顔すらよく思い出せないよ。

ぼんやりツイッターを眺めていたら、ぜんぜん更新していなかった、更新する情報すらないはずのソユーズツイッターがバシバシ更新されはじめた。「東名阪ツアー決定!新体制を刮目せよ!」という趣旨のツイートがガンガンに流れてくる。ホエッ?!新体制とは?!?!??!タイムラインを遡ったら、撮りたてらしいアー写にはぼくの代わりに茶髪ボブのかわいい女が写っていた。キーボードボーカルだとよ。というか知らない間にめちゃ売れてるのかよ。東名阪ツアーって。そのオシャレぶったアー写を見ていたらふつふつと怒りが湧いてきて、そもそもソユーズはまおちゃんとぼくがはじめたバンドだし、ぼくボーカルだし、なんだおまえら!謀反かよ!話し合いもなしかよ!信じてたのに!こんなことならメンヘラ起こしてスタジオ入りたいって泣き喚けばよかった!クソ!クソクソクソ!どうせこのボブ女とみんな穴兄弟なんだろ!不純異性交遊バンドめ!地獄に落ちろ!ソユーズを名乗るな! 

…と、引用ツイートしまくって3人+新メンバーのクソ茶髪ボブ女のことを名指しで罵倒しまくっていたところで目が覚めた。慌ててツイッターを見たけれど、ソユーズツイッターは10月にツイートした曲をきいてのおしらせ以来だれもなにも書いていないし、茶髪ボブ女が写ったアー写もなかった。罵倒し倒す引用ツイートもしていなかった。よかった。でもこっそりみんながほかのかわいい女をボーカルとして雇っていたらどうしよう。しんどい。 

plentyが解散して、来年の夏にはチャットモンチーも解散する。10代のころにぶちのめされて心を砕きながらきいていた青春がどんどん失われてゆく。それでもまだバンドをやりたい。きのう久しぶりにギター触ったらチューニングすらできなかった。どの口でバンドやりたいなんて言うのさ。とりあえずメンバーのみなさん忘年会したいです。メンバーのみなさん以外とも忘年会したいです。忘年会じゃなくていいから飲酒したい。来年こそはなにかしたい。と思うだけで終わるのはそろそろやめにしたい。

0150 - ベビーチーズおいしい

冬の服がかわいすぎて街を歩くだけで少し気分が晴れるし気づいたらゾゾタウンで首の詰まったセーターや首の開いたセーターや明るいセーターや暗いセーターをクリップしてしまう、ミトンの手袋もかわいいし、もたもたしたカーディガンもかわいい、冬の服がいちばんすき

狂ったようにアウトプットしまくっていて曲を作ったり歌詞を書いたり歌を歌ったりアー写を撮ってもらうお願いをしたりMVを作るのに高いソフトを買ったりフリーフォントをダウンロードしたおしたりMVを作ったりしていて、音楽のことも映像のこともよくわかっていないからなにもかも予想と感覚でぐちゃぐちゃとやっていて、だってあいつらより良い曲作っているし、良い歌詞書いているし、良い歌うたってるし、あいつらなんか顔が少しかっこいいだけだし、楽器がうまいだけだし、みたいな情けなくて惨めなきもちでズブズブになってゆく、みっともないじぶんのせいで毎日毎日夜更かししていろんな作業をこなしている、大丈夫間違ってないよ間違っててもいいよ良い曲書くねって言ったくせに、大丈夫大丈夫

飲む酒の量ばかりどんどん増えていく

 

1904 - memo

曲ができた、曲ができてからもう2時間くらいずっときいている、良い曲ができた、サウンドクラウドのカバー用のお写真を撮ろうと思って振り返ったらもう真っ暗で、太陽が出ていないとお写真撮れんなあと思って、あしたお写真撮れたらサウンドクラウドにぶちあげたいものです、良い曲

すきなひとたちがやってるバンドのライブをみにいって、別にただみにいっただけなのにライブハウスでガチ酔いして帰路に着いた、酔っ払ってライブみるのなんであんな楽しいんだろう、久しぶりに大学のときのお友だちと会ったりして、楽しかったな、一人で帰ってきて、うちは駅から徒歩20分くらいあるけど全然歩き足りなくて、酔っ払って歩く夜道は楽しすぎるんだよな、無限に歩ける気持ちになってきてうちに着いても歩き足りなくてうちを通り過ぎて10分くらい先にあるファミマまで歩いた、せっかく来たし豪遊してやろうと思ってファミマで豪遊した、けど帰ってきてレシート見たらたった802円しか豪遊してなかった、家庭的